キャバクラ・ホスト・風俗業界の顧問弁護士

全国対応!風俗業界に強い顧問弁護士

トップページ弁護士コラムニュース > JKリフレ・JKビジネスの逮捕・摘発ニュース

JKリフレ・JKビジネスの逮捕・摘発ニュース

17/10/09更新

近年では,AV出演強要問題やJKビジネスに関する問題を受けて,AV女優が所属する風俗店やJKビジネス関連の店の摘発が多い。

風俗店等の逮捕・摘発事例は,国家政策や成果情勢と関連性があるように思う。

米国務省が公表した世界の人身売買をめぐる2017年版の報告書にも,AV出演強要問題,JKビジネスが言及されており,売春の温床になっている等と指摘されている。
また,東京都が「特定異性接客営業に関する条例」を施行し,リフレ,添い寝や散歩など18歳未満によるサービスを売りにしたJK(女子高生)ビジネスが新たに規制される。
弊所弁護士にもこの手の風俗店やJKビジネス関連の経営者からの相談は増えているように思う。

さて,ニュースについて,見てみよう。

まずは,18歳未満の女子高生のいるJKビジネス店,いわゆるアンダー店が摘発され,そのJKリフレの客まで逮捕されてしまった事例。

女子高生に10万円渡してみだらな行為を撮影…児童買春容疑で40歳男逮捕
女子高生(16)に現金を渡してみだらな行為をしたとして、警視庁碑文谷署は、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、大阪府高槻市、会社員の男(40)を逮捕した。
 逮捕容疑は6月1日、東京都台東区のホテルで、千葉県に住む女子高生に現金10万円を渡してみだらな行為をしたとしている。容疑者は行為の様子を携帯電話で撮影することを持ち掛け、実際に撮影していたという。
 警視庁は7月、東京・上野のJKビジネス店「◯◯」を摘発。同署によると、同店と容疑者のツイッターのダイレクトメールのやりとりから犯行が発覚した。「店からは14歳の中学3年生と説明を受けていたが、見た目で大丈夫だと思った」などと容疑を一部否認している。
http://www.sanspo.com/geino/news/20171006/tro17100620560006-n1.html

次に,18歳未満でなくても,店舗型の性風俗店とみなされ,風営法違反で摘発された事例。

JKビジネス店装い「裏オプション」 風営法違反容疑で2人逮捕
 警視庁保安課は21日までに、風営法違反(禁止区域営業)の疑いで、東京・秋葉原の個室マッサージ店「◯◯」経営◯◯容疑者(38)=東京都世田谷区若林=ら2人を逮捕した。
 保安課によると、同店は女子高生の制服姿で添い寝などをするJKビジネス店を装い、従業員に「裏オプション」と称した性的サービスをさせていた。18~23歳の女性約20人が在籍しており、2014年10月以降、約1億2千万円を売り上げたとみられる。
 逮捕容疑は6月10日、風俗店の営業禁止区域である東京都千代田区外神田3丁目の雑居ビル内の同店で、男性客に対して従業員の女性に性的サービスをさせた疑い。
http://www.sanspo.com/geino/news/20170721/tro17072111270003-n1.html

カテゴリ一覧

新着記事

トラブル解決は、500件以上の実績ある
風俗業界専門弁護士におまかせください!

相談料無料0円

キャバクラ・ホスト・風俗業界に強い税理士、行政書士、
経営コンサルタント、探偵と連携し、ワンストップで問題を解決します。

どんな些細な質問でも構いませんのでお気軽にご相談ください。
プロフェッショナルが誠心誠意お答えします。
ただいまお電話が繋がりやすいです
03-6274-8960
営業時間 10:00〜20:00