デリヘル(ホテヘル)なのに,店舗型風俗店と評価されて逮捕!? - キャバクラ・ホスト・風俗業界の顧問弁護士

キャバクラ・ホスト・風俗業界の顧問弁護士

全国対応!風俗業界に強い顧問弁護士

トップページ弁護士コラムニュース > デリヘル(ホテヘル)なのに,店舗型風俗店と評価されて逮捕!?

デリヘル(ホテヘル)なのに,店舗型風俗店と評価されて逮捕!?

17/01/13更新

営業禁止地域の福島市で店舗型風俗を営んだなどとして、福島署は16日午前、風営法違反の疑いで仙台市、風俗店従業員、容疑者男(44)ら男女4人を逮捕した。
 44歳の容疑者のほかに逮捕されたのは、福島市、風俗店店長の男(39)、同市、風俗店従業員の男(42)、伊達市、風俗店従業員の女(28)の3容疑者。

 44歳男、39歳男の両容疑者の逮捕容疑は15日、ホテル「AKBホテル」の個室で、男性客に性的サービスを提供し、店舗型風俗を営んだ疑い。42歳男の容疑者の逮捕容疑は同日、ホテルで男性からの性的サービスの申し込みを受け付け、28歳女の容疑者の逮捕容疑は同日、ホテルで性的サービスを提供した疑い。同署によると、4容疑者は容疑を認めているという。

 同署によると、ホテルはビジネスホテルを装っていた。同じビルには無店舗型風俗「ヒロインUSA」の待機所があり、共同で店舗型風俗として営業していたとみられる。44歳男の容疑者はホテルの代表、39歳男の容疑者は無店舗型風俗の店長という。
 同署は県警組織犯罪対策課、生活環境課の応援を受けて捜査していた。

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161117-127783.php

このお店は,デリヘル(ホテヘル),すなわち,無店舗型性風俗特殊営業の届出を出していたお店とのこと。
しかし,ファッションヘルス営業等の店舗型性風俗特殊営業と評価されてしまった。
そのため,店舗型性風俗特殊営業における風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下,「風営法」という。)の規制を受けてしまった。

このように,デリヘル(無店舗型)を営んでいる風俗店が,店舗型とみなされてしまい,逮捕・摘発されてしまうリスクがある。

では,店舗型だと評価されないようにするためには,何を気をつけばよいだろうか?

派遣型マッサージ店が店舗型だとされてしまい,弁護士が争った東京高裁の裁判例(東京高判平成17年6月30日)がある。

この裁判例では,風俗店とレンタルルーム(ラブホテル)の関係性に着目している。
すなわち,風俗店が,実質的には,風俗店内の個室を利用するようにレンタルルームを利用していたとして,店舗型性風俗特殊営業にあたると判断している。

風俗店が,実質的には,風俗店内の個室を利用するようにレンタルルームを利用していたかどうかにつき…

風俗店とレンタルルーム(ラブホテル)との
・位置関係・構造
・出入り口付近の外観
・広告の太陽
・利用料金の取り決め(優遇措置),支払方法
・女性キャストの待機
・客の受付や案内の仕組み
・レンタルルーム(ラブホテル)の利用状況

上記要素を総合考慮して,判断している。

今回のニュースの事例でも,風俗店がホテル内に待機所を設置し,風俗店とホテルが風俗店を共同経営していたとのことだから,上記判断基準によって,風俗店が,実質的には,風俗店内の個室を利用するようにレンタルルームを利用していたと評価されたのだろう。

デリヘルやホテヘル等の派遣型,無店舗型性風俗特殊営業の経営者は,レンタルルームやラブホテルとの付き合い方を一度見直してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ一覧

新着記事

トラブル解決は、500件以上の実績ある
風俗業界専門弁護士におまかせください!

相談料無料0円

キャバクラ・ホスト・風俗業界に強い税理士、行政書士、
経営コンサルタント、探偵と連携し、ワンストップで問題を解決します。

どんな些細な質問でも構いませんのでお気軽にご相談ください。
プロフェッショナルが誠心誠意お答えします。
ただいまお電話が繋がりやすいです
03-6274-8960
営業時間 10:00〜20:00