ビジホでデリヘル利用 「捕まるのかな…」募る不安

【記事掲載情報】

当事務所の若林翔(わかばやししょう)弁護士が,

日本最大級の弁護士検索・法律相談サイト「弁護士ドットコムニュース」掲載記事

『ビジホでデリヘル利用 「捕まるのかな…」募る不安 』

にて,法律家の視点から解説しました。

なお,このようなデリヘルでのトラブルはもちろん,

日々多くのご相談を受けておりますので,

お困りの方は電話またはメールで,ぜひ当事務所までご連絡くださいませ。

デリヘル等の風俗で本番をした客は逮捕されるか?本番強要と刑事事件について

本番トラブルについて

風俗店,とりわけデリヘルの経営者や店長さんからの相談として,本番トラブルと盗撮トラブルに関する相談は非常に多い。

 

女性キャストが客から本番行為を強要された。

本番強要をされて警察を呼ぼうと思うがどうしたらいいか。

本番強要をした客が逃げてしまった。

 

などの相談を多く受ける。

 

今回は,風俗店での本番強要があった場合に客が逮捕されるのか?

刑事事件化されるのか?

警察は動いてくれるのか?

について,過去の事例に照らしつつ,検討していこう。

 

本番強要と刑事罰について

皆さんご存知のとおり,デリヘル等の風俗店では,本番行為は禁止されている。

お店の規則として禁止されているのはもちろんのこと,デリヘル等の風俗での本番行為は売春にあたるため,売春防止法でも禁止されている。風俗店が女性キャストに本番(売春)をさせていたとしたら,管理売春や売春場所の提供,売春させる契約をした,売春の周旋をしたなどとして,風俗店経営者側が逮捕されてしまう可能性がある。

このように,本番が禁止されているデリヘル等の風俗店において,客が女性キャストの意思に反して無理やり本番を強要したとなれば,それは,強姦に該当する。

現在は,刑法が改正され,強姦罪ではなく強制性交等罪が適用されることになる。

強制性交等罪は,強姦罪と異なり,非親告罪(告訴がなくても起訴できる)である。

また,強制性交等罪は,5年以上の有期懲役という重い刑罰が定められている。これは,減刑されなければ執行猶予をつけることができないほど重い罪だ。

その際に女性キャストが怪我をした場合などは,強制性交等致傷罪が適用される可能性があり,この場合は,無期又は6年以上の有期懲役という重い罪となる。

(強制性交等)
第百七十七条 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛こう門性交又は口腔くう性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

(強制わいせつ等致死傷)
第百八十一条 2 第百七十七条、第百七十八条第二項若しくは第百七十九条第二項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって人を死傷させた者は、無期又は六年以上の懲役に処する。

本番強要をした客は逮捕されるか?警察は動いてくれるのか?

デリヘル等の風俗店経営者の方からの相談で,女の子が本番強要をされ,警察に被害相談したが警察が動いてくれなかった。被害届を受理してくれなかったなどの相談を受けることがある。

では,実際に,風俗での本番で警察が動き,客が逮捕されることはあるのだろうか?

数としては多くはないが,逮捕された例はある。

当法律事務所での経験からすると,どういうわけか,東京や大阪,名古屋といった大都市よりも地方で本番トラブルのケースの方が警察が動くケースが多いように思える。

ただ,東京での本番トラブルでも警察が動き,実際に風俗店の客が逮捕された事例はある。

過去の例からすると,警察に動いてもらい,本番強要客を逮捕してもらうためには,しっかりと証拠を確保すること,本番強要被害を受けた直後から素早く行動すること,警察に被害感情や処罰感情が強いことをきっちり伝えることが重要だ。

本番強要被害を受けた場合の証拠確保

前述のように,本番強要の被害を受けた場合には,その初動が重要となる。

証拠が消えないうちに証拠をしっかりと保存しておこう。

本番強要の証拠としては,以下のものが考えられる。

  • 女性キャストの従業者名簿
  • 当該客が風俗店を利用した記録(CTI,電話メモ,派遣先リストなど)
  • ホテル等の防犯カメラ映像
  • 女性キャストが本番強要被害を受けた直後に店に報告したLINE,メール,店側の被害状況メモなど
  • 診断書,被害写真
  • 精液等のDNA

上記のような証拠を確保するためにも,早期に適切な対応を取る必要がある。

その上で,すぐに警察に連絡をして,被害状況をしっかりと伝えていくことが重要だ。

 

 

大宮の風俗店(ソープランド)火災の社長ら書類送検へ

昨年末,さいたま市の大宮駅付近のソープランドで火災が起きた。

死者をも出した重大事件だ。

店舗型風俗店の増改築の問題

 

この火災がおきた風俗店の経営者らが業務上過失致死の容疑で書類送検された。

被疑事実は,3階にいた客に対して,適切な避難誘導を行わなかったという点だ。

 

男女5人死亡の風俗店火事 社長ら書類送検 業務上過失致死の疑い

2017年12月、さいたま市の風俗店で男女5人が死亡した火事で、警察は、風俗店の社長らを業務上過失致死の疑いで書類送検した。

2017年12月、さいたま市のJR大宮駅近くにある3階建ての風俗店で火事が発生し、40代の男性客2人と、20代の女性従業員3人が死亡したほか、男女7人が重軽傷を負った。

警察は、3階で死亡した男性客(当時41)について、所在を把握せず、適切な避難誘導を行わなかったなどとして、社長と従業員らあわせて4人を、業務上過失致死の疑いで書類送検した。

4人は、「3階の客を完全に忘れていた」、「2階の避難だけを考えていた」と容疑を認めている。

一方で、2階で死亡した4人について、警察は、避難誘導が行われていて、過失は問えないと判断している。

https://www.fnn.jp/posts/00408161CX

 

デリヘル店経営者ら客への恐喝容疑で逮捕されるも不起訴

昨年(2017年)11月頃に,デリヘルの経営者が,その客に対して,本番強要をしたとして,仕事をできなくするなどと脅迫し,現金を恐喝したという事件だ。

今年(2018年)10月に,恐喝容疑でデリヘルの経営者や従業者が逮捕された。

そのときの記事が,以下の記事だ。

 

デリヘル客に恐喝疑い 愛知の経営者逮捕、2億円被害か

 愛知県警中署は14日、デリバリーヘルス(派遣型風俗店)の男性客から現金計1千万円を脅し取ったとして、恐喝の疑いで、名古屋市瑞穂区八勝通のデリヘル店経営、〇〇容疑者(38)と店員の男女3人を再逮捕、同県稲沢市の店員の男(40)を逮捕した。
 中署によると、〇〇容疑者は複数のデリヘル店を経営。客約200人が、同様の手口で2億円以上の被害に遭ったとみて調べている。再逮捕された4人は容疑を否認するか留保し、逮捕の男が認めている。 5人の逮捕容疑は共謀して昨年11月19日、名古屋市のホテルで、県内の自営業の男性(43)に「本番行為を強要したら100万円請求と誓約書に書いてある」「仕事をできなくする」と因縁を付け、現金を脅し取った疑い。男性は本番行為を強要していなかったという。

https://www.sankei.com/affairs/news/181014/afr1810140011-n1.html

 

ニュースによると,その後,11月26日,逮捕されたデリヘル経営者らは不起訴処分となった。

不起訴処分の理由については,明らかにされていない。

当初の記事によると,認否を留保していたものもいいるものの一人は認めていたとのことなので,示談が成立し,起訴猶予処分として不起訴処分となった可能性があるかと思う。

他方で,以下の記事によると,デリヘルの経営者と店長が容疑を否認し,ほかの従業者たちは認否を保留していたとのこと。その場合,恐喝罪に必要な脅迫行為の立証がしきれないと判断して,証拠不十分で不起訴処分としている可能性も考えられる。

 

 

恐喝容疑で逮捕の風俗店主ら不起訴 名古屋地検
 デリバリーヘルス店(派遣型風俗店)の利用客が店側から金を脅し取られた事件で、恐喝容疑で逮捕されたデリヘル店経営者の男性(39)=名古屋市瑞穂区=ら5人について、名古屋地検は26日、不起訴とした。地検は理由を明らかにしていない。 他の4人は、いずれも風俗店員で同市東区の女性(28)、愛知県尾張旭市の男性(41)、同県稲沢市の男性(40)、三重県木曽岬町の男性(38)。5人は昨年11月、名古屋市内のホテルで利用客の40代男性=愛知県豊川市=に因縁をつけ、1千万円を脅し取ったとして、先月14日に逮捕された。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018112690223727.html

 

風俗で禁止行為強要と客に“因縁”…1000万円脅し取った疑いで逮捕の経営者ら不起訴に 名古屋地検

 派遣型風俗を利用した客に対し禁止されているサービスを強要したと因縁を付け現金1000万円を脅し取ったとして逮捕された店の経営者ら5人について名古屋地検は不起訴としました。

 不起訴となったのは派遣型風俗店の39歳の男性経営者と38歳の男性店長のほか、28歳の女性店員らあわせて5人です。

 5人は去年11月、共謀して名古屋市中区のホテルで店が禁止しているサービスを女性店員(28)に強要したなどと男性客(当時43)に因縁をつけ、あわせて現金1000万円を脅し取った疑いで逮捕されていました。

これまでの調べに対し、男性経営者と男性店長は容疑を否認し、店員ら3人は認否を留保するなどしていましたが、名古屋地検は今月26日付けで不起訴としました。検察は理由を明らかにしていません。

 また、このうち4人は、別の客3人からあわせて430万円を脅し取ったなどとしてほかに2回逮捕されていましたが、名古屋地検はいずれも不起訴としています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00005914-tokaiv-soci

ソープランドで「避妊具なし」性行為…「すごく後悔」男性客が恐れること

【記事掲載情報】

当事務所の若林翔(わかばやししょう)弁護士が,

日本最大級の弁護士検索・法律相談サイト「弁護士ドットコムニュース」掲載記事

『ソープランドで「避妊具なし」性行為…「すごく後悔」男性客が恐れること 』

にて,法律家の視点から解説しました。

なお,このようなソープランドでのトラブルはもちろん,

日々多くのご相談を受けておりますので,

お困りの方は電話またはメールで,ぜひ当事務所までご連絡くださいませ。

強制労働で風俗店経営者逮捕!労働基準法違反

デリヘルの経営者が,労働基準法違反で逮捕された。

労働基準法では,暴行や脅迫によって,強制的に働かせることを禁止している。

 

労働基準法

(強制労働の禁止)

第五条 使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によつて、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。
第百十七条 第五条の規定に違反した者は、これを一年以上十年以下の懲役又は二十万円以上三百万円以下の罰金に処する。

 

「写真まく」女性脅す 風俗店経営者ら再逮捕 静岡

 派遣型風俗店(デリバリーヘルス)で20代の元女性従業員が強制的に働かされていたとされる労働基準法違反容疑事件で、実質的な経営者の会社役員の男(42)=静岡市駿河区中田=ら3人が、既に退店していた別の30代女性に対しても「裸の写真をばらまくぞ」などと脅して強制的に勤務させていたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。
 静岡中央署と県警組織犯罪対策課などの合同捜査班は同日、経営者の会社役員の男、同区東静岡の会社役員の男(31)、同区南町の会社役員の男(23)=いずれも同容疑で逮捕=の3人を同法違反(強制労働)の疑いで再逮捕した。
 3人の再逮捕容疑は共謀して5月下旬、同市内に停車した乗用車の中で、元従業員の静岡県中部の30代女性に対して「店を辞めるのはいいけど、敵対心を持って対応する」などと脅して10月下旬まで労働を強制した疑い。同署は3人の認否を明らかにしていない。
 同署によると、3人は5月上旬で退店していた女性を待ち伏せ、車に乗せた。宣伝用に撮影した写真を女性に見せ、「モザイクなしでいろんなサイトに載せる」などと脅したという。
 同署などは10月、20代女性に迷惑料の返済名目で借用書を書かせ、約5カ月間の強制労働をさせたとして同法違反容疑で経営者の会社役員の男ら男女7人を逮捕した。

静岡新聞ニュース

http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/566980.html

 

今回の事例は,退店していた女性を待ち伏せして,裸の写真をサイトに載せると脅すなど極めて悪質な事例だ。

ここまで悪質な事例は稀だが,当法律事務所でも,風俗店で働く女性キャストから,辞められない。辞めたいと伝えたら,脅された,不当な罰金を請求された。という相談を多く受ける。

 

このような被害にあった際には,なるべく早く,警察や弁護士に相談してほしい。

風俗店経営者17歳を雇って逮捕!

風俗店経営者にとっては,年齢確認は超重要!

今回の事例では,年齢確認が不十分だったとして,逮捕されています。

 

少女を風俗店に雇いわいせつ行為 容疑で経営者ら3人逮捕 福岡県警

福岡県警は6日、児童福祉法違反と風営法違反の疑いで、北九州市小倉北区鍛冶、風俗店経営者の男(32)ら男3人を逮捕した。逮捕容疑は、3人は共謀して年齢確認を十分に行わずに風俗店で雇っていた県内在住の少女(当時17)に4月16日夜、市内のホテルで客に引き合わせ、わいせつな行為をさせた疑い。

=2018/11/06 西日本新聞=

 

18歳以上であるかの年齢確認について,風俗店経営者側に過失がないといえるくらいしっかりと年齢確認をしましょう。

住民票等の公的な身分証

顔つきの身分証

この二つは必須でしょう。

 

判例等の詳細については,以下の記事を参照ください。

 

風俗店と18歳未満〜女子高生ホステスにキャバクラ経営者ら逮捕〜

デリヘル経営者,女子高校生を雇い逮捕!

150万円「シャンパンタワー」、キャンセルしたらホストに「100万円」請求された!

当事務所の若林翔(わかばやししょう)弁護士が,

日本最大級の弁護士検索・法律相談サイト

「弁護士ドットコムニュース」掲載記事

『150万円「シャンパンタワー」、キャンセルしたらホストに「100万円」請求された! 』

https://www.bengo4.com/other/n_8699/

 

にて,法律家の視点から解説しました。

なお,このようなキャバクラ,ホストクラブに関する疑問はもちろん,

日々多くのご相談を受けておりますので,

お困りの方は電話またはメールで,ぜひ当事務所までご連絡くださいませ。

無許可営業でホストクラブ経営者逮捕!

歌舞伎町の某大手ホストクラブグループの経営者らが,風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下,「風営法」という)違反,無許可営業で逮捕された。

 

風営法上の無許可営業については,いくつかの事例を紹介している。

 

一つ目は,ガールズバー,ゲイバー,サパーやアフターバーなどが「接待」をして逮捕されてしまうケース。

これらのお店は,風営法の1号許可を取らず,深夜酒類提供飲食店(深酒営業)の届出を出して深夜も営業していることが多い。

風営法上,お客さんを「接待」する場合には,1号の許可を取らないといけない。

接待をするならば本来1号の許可をとらなければならないのに,許可をとらずに接待して営業したから無許可営業だとして逮捕されるケースだ。

 

ガールズバー・ゲイバー経営者が無許可営業で逮捕!接待行為とは?

 

 

二つ目は,1号の許可を取っているキャバクラやホストクラブが無許可営業で逮捕されるケース。

風営法上,1号の許可は接待営業を営むもの,経営する人が許可を取る必要がある。

許可を取っている人と実際に営業している人が別人の場合,実際に営業している人は自分の名前で許可を取っていないから無許可営業だろうとして逮捕されるケースだ。

 

無許可営業,名義貸し,キャバクラ経営者ら逮捕!?

 

 

今回,逮捕されたホストクラブの経営者はどちらのケースなのだろうか?

以下のニュース記事や,歌舞伎町でのうわさ話からすると,どうやら,ホストクラブグループが経営するサパーないしはアフターバーの事案のようだ。

そうすると,一つ目の,ケースだろう。

つまり,1号許可をとらずに,深酒の届出を出して深夜に営業しているサパー,アフターバーでは,接待行為をしてはいけないのに,接待行為をしてしまったとして逮捕されたケースなのだろう。

 

サパー,アフターバー経営者の方は,改めて風営法上の「接待」をしないよう注意して営業していっていただきたい。

 

 

歌舞伎町の無許可ホストクラブを摘発 10億円以上売り上げか

 新宿・歌舞伎町などで無許可で複数のホストクラブを運営したとして、警視庁保安課は11日までに風営法違反で、運営会社代表取締役の男(37)と店長ら計6人を逮捕した。容疑者は「悪いことと分かりながら接待させた」と容疑を認めている。逮捕は10日。

 6人の逮捕容疑は2月7日、歌舞伎町の店舗など4店で、都公安委員会などからの許可を得ずにホストクラブを経営した疑い。

 保安課によると、容疑者らは少なくとも計10億円を売り上げたとみられる。容疑者の会社は、歌舞伎町などでホストクラブを運営するグループの一部といい、保安課は他にも複数のホストクラブが無許可で運営されていたとみて、捜査を進める。

https://www.sanspo.com/geino/news/20180611/tro18061113150015-n1.html

 

 

【無許可営業】歌舞伎町の巨大ホストクラブグループ社長が逮捕

風俗営業許可のない〝◯◯BAR〟で新人研修?
なお、今回の4店舗については、新人ホストの養成にも使っていたとみられている。

本誌解説委員でジャーナリストの竹村明氏は、今回の4店舗について「いわゆる〝◯◯BAR〟として経営していた」と解説する。

「読モBAR」についてはコチラ

「風俗営業の許可を取らずに経営していた店舗の中には、『◯◯Bar』などと宣伝し、男性向けファッション誌の読者モデル(読モ)などを従業員として起用している、いわゆる〝◯◯バー〟もありました。その店舗では、接客などに慣れさせるための養成店として新人ホストを働かせていたようです。つまり、実態としては、女性客と同席をして接待をする『ホストクラブ』と同じだったのです。深夜飲食店としての届け出は出していましたが、風俗営業の許可を受けていなかったため摘発され、今回その経営者の逮捕に至ったということです」

◯◯容疑者らは、ホストクラブを運営する「◯◯◯◯」とは別の会社を設立し、無許可でホストクラブを運営していたことから、グループ全体のトップにまで捜査の手が及んだということだ。歌舞伎町の巨大ホストクラブグループのトップが逮捕されたということで、夜の業界では衝撃が走っている――。

今後、日本最大の歓楽街、新宿歌舞伎町のホスト事情に変化が起きるのだろうか。

http://rno.jp/archives/5903/2

クビになった「鳥貴族」盗撮店長、「めちゃくちゃ軽い」罪しか適用されない?

2018年7月5日(木)配信

当事務所の若林翔(わかばやししょう)弁護士が,

日本最大級の弁護士検索・法律相談サイト

「弁護士ドットコムニュース」掲載記事

『クビになった「鳥貴族」盗撮店長、「めちゃくちゃ軽い」罪しか適用されない? 』

にて,法律家の視点から解説しました。

なお,このような盗撮に関する疑問はもちろん,

日々多くのご相談を受けておりますので,

お困りの方は電話またはメールで,ぜひ当事務所までご連絡くださいませ。