新宿,歌舞伎町のぼったくり店の請求棄却! - キャバクラ・ホスト・風俗業界の顧問弁護士

キャバクラ・ホスト・風俗業界の顧問弁護士

全国対応!風俗業界に強い顧問弁護士

トップページ弁護士コラムニュース > 新宿,歌舞伎町のぼったくり店の請求棄却!

新宿,歌舞伎町のぼったくり店の請求棄却!

17/06/14更新

東京・歌舞伎町のキャバクラ店関係者が、料金を巡る客と従業員とのトラブルに警察官が介入したために164万円を回収できなくなったとして都に賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は13日、「店はぼったくり営業をしており、代金請求は公序良俗に反する」と請求を棄却した。

 店員側は「客には料金体系を説明していた」としてボイスレコーダーの録音記録を提出したが、伊藤正晴裁判長は「客に聞こえないように料金の説明を吹き込んだ後に、注文を取って客の声を録音し、客に説明をしたかのような記録を残したものだ」と退けた。

http://jp.reuters.com/article/idJP2017061301001999

2〜3年前,歌舞伎町で,ぼったくり被害が急増した時期があった。
ぼったくり被害が多すぎて,週末の歌舞伎町交番の前は,ぼったくりキャバクラ店の従業員と被害者が溢れかえっていた。
しかし,警察は,民事不介入等を理由になかなか介入してくれない状況にあった。

この時期,我々弁護士や,弁護士会がその被害対策を強化し,ぼったくり被害対策を行っていた。
他方で,ぼったくり店の方にも顧問弁護士がついていたようだ。

あまりに歌舞伎町のぼったくり被害が多くなり,社会現象化し,警察も運用を変え,積極的に介入するようになった。
いわゆる「ぼったくり防止条例」,正式には,性風俗営業等に係る不当な勧誘、料金の取立て等及び性関連禁止営業への場所の提供の規制に関する条例が認知され始めたのも,この頃だろう。

その結果,歌舞伎町のぼったくり店の店長や従業員が逮捕された。

これにより,歌舞伎町のぼったくりが沈静化するとともに,ぼったくり店が池袋,渋谷,新橋など歌舞伎町以外の繁華街に移行した。

そして,今回のニュースは,その歌舞伎町のぼったくりキャバクラ店が,東京都に対して,客からぼったくれるはずだった金を警察官のせいで取りっぱぐれたといって,損害賠償請求をし,裁判所に否定された事案だ。

これに対して,裁判所が,「店はぼったくり営業をしており、代金請求は公序良俗に反する」と,お店をぼったくり店認定し,請求を棄却した。
ぼったくり店側には代理人の弁護士はついていたのであろうか。

なお,弊所の弁護士は,歌舞伎町の夜の業界の顧問弁護士として活動しているが,キャバクラ,ホストクラブ,風俗店など,夜の業界の健全化を目指す経営者をサポートしたいと考えているため,ぼったくり店などの悪質なお店はお断りである。

《参考》
歌舞伎町キャバクラ、11人逮捕=260万円請求も、ぼったくり容疑―警視庁
新宿・歌舞伎町のキャバクラ店で不当な飲食代金を客から乱暴に取り立てたとして、警視庁保安課は16日までに、都ぼったくり防止条例違反容疑で、「○○○」経営の○○○容疑者(21)=東京都新宿区新宿=ら、キャバクラ6店舗の従業員ら計11人を一斉逮捕した。同課によると○○○容疑者は「乱暴な言動はしていない」と容疑を否認している。(時事通信)

カテゴリ一覧

新着記事

トラブル解決は、500件以上の実績ある
風俗業界専門弁護士におまかせください!

相談料無料0円

キャバクラ・ホスト・風俗業界に強い税理士、行政書士、
経営コンサルタント、探偵と連携し、ワンストップで問題を解決します。

どんな些細な質問でも構いませんのでお気軽にご相談ください。
プロフェッショナルが誠心誠意お答えします。
ただいまお電話が繋がりやすいです
03-6274-8960
営業時間 10:00〜20:00