大宮の風俗店(ソープランド)火災の社長ら書類送検へ - キャバクラ・ホスト・風俗業界の顧問弁護士

キャバクラ・ホスト・風俗業界の顧問弁護士

全国対応!風俗業界に強い顧問弁護士

トップページ弁護士コラムニュース > 大宮の風俗店(ソープランド)火災の社長ら書類送検へ

大宮の風俗店(ソープランド)火災の社長ら書類送検へ

18/12/22更新

昨年末,さいたま市の大宮駅付近のソープランドで火災が起きた。

死者をも出した重大事件だ。

店舗型風俗店の増改築の問題

 

この火災がおきた風俗店の経営者らが業務上過失致死の容疑で書類送検された。

被疑事実は,3階にいた客に対して,適切な避難誘導を行わなかったという点だ。

 

男女5人死亡の風俗店火事 社長ら書類送検 業務上過失致死の疑い

2017年12月、さいたま市の風俗店で男女5人が死亡した火事で、警察は、風俗店の社長らを業務上過失致死の疑いで書類送検した。

2017年12月、さいたま市のJR大宮駅近くにある3階建ての風俗店で火事が発生し、40代の男性客2人と、20代の女性従業員3人が死亡したほか、男女7人が重軽傷を負った。

警察は、3階で死亡した男性客(当時41)について、所在を把握せず、適切な避難誘導を行わなかったなどとして、社長と従業員らあわせて4人を、業務上過失致死の疑いで書類送検した。

4人は、「3階の客を完全に忘れていた」、「2階の避難だけを考えていた」と容疑を認めている。

一方で、2階で死亡した4人について、警察は、避難誘導が行われていて、過失は問えないと判断している。

https://www.fnn.jp/posts/00408161CX

 

カテゴリ一覧

新着記事

トラブル解決は、500件以上の実績ある
風俗業界専門弁護士におまかせください!

相談料無料0円

キャバクラ・ホスト・風俗業界に強い税理士、行政書士、
経営コンサルタント、探偵と連携し、ワンストップで問題を解決します。

どんな些細な質問でも構いませんのでお気軽にご相談ください。
プロフェッショナルが誠心誠意お答えします。
ただいまお電話が繋がりやすいです
03-6274-8960
営業時間 10:00〜20:00