デリヘル含む風俗店が対象に!東京都休業要請・休止要請と感染拡大防止協力金 - キャバクラ・ホスト・風俗業界の顧問弁護士

キャバクラ・ホスト・風俗業界の顧問弁護士

全国対応!風俗業界に強い顧問弁護士

トップページ弁護士コラムニュース > デリヘル含む風俗店が対象に!東京都休業要請・休止要請と感染拡大防止協力金

デリヘル含む風俗店が対象に!東京都休業要請・休止要請と感染拡大防止協力金

20/04/14更新

昨日,2020年4月13日,東京都が休業要請等の対象について問い合わせが多かった施設を整理してHPにUPをした。

 

最新(4/14)休業対象施設

休業要請の対象として

「性風俗店」

「デリヘル」

が明記された。

 

他方で,「ラブホテル」は対象外と明記された。

 

 

メンズエステは休業要請の対象か?

メンズエステについては明記がされていない。

風営法の届出を出しているメンズエステや,風俗行為をしてしまっているメンズエステは,「性風俗」として対象になるだろう。

他方,完全に健全なお店はどうだろう?

その場合,「エステサロン」と同様に考え,100平方メートル以下なら休業要請の対象外と考えることもできそうだ。

 

なお,メンズエステの風俗性については,以下の記事を参照して欲しい。

メンズエステ経営者が風営法違反(禁止地域営業)で逮捕!

 

感染拡大防止協力金について

都の協力金、5月7日から支給 月内受け付け開始方針

東京都が新型コロナウイルス特別措置法に基づく休業要請に応じた中小企業に支払う「感染拡大防止協力金」を、5月7日から順次支給する方向で調整していることが14日、関係者への取材で分かった。政府の緊急事態宣言を受けて、5月6日までの休業を求めており、事業者への支援を早急に進め、4月中の受け付け開始を目指す

都は遊興施設や大学など6業種・施設に幅広く休業を要請。飲食店などには午後8時までの営業時間短縮を求めている。協力した中小の事業者には業種を問わず単独店舗の事業者に50万円複数店舗を持つ事業者に100万円を協力金として支給する方針を示した。

2020年4月14日 11時56分 東京新聞

東京都のHPが4/17に追記!デリヘルが感染拡大防止協力金の対象から除外

カテゴリ一覧

新着記事

トラブル解決は、500件以上の実績ある
風俗業界専門弁護士におまかせください!

相談料無料0円

キャバクラ・ホスト・風俗業界に強い税理士、行政書士、
経営コンサルタント、探偵と連携し、ワンストップで問題を解決します。

どんな些細な質問でも構いませんのでお気軽にご相談ください。
プロフェッショナルが誠心誠意お答えします。
ただいまお電話が繋がりやすいです
03-6274-8960
営業時間 10:00〜20:00